時給700円で働いていた著者が、パソコンとインターネットで自動化の仕組みを構築し、20代にして大企業の社長以上の収入を得て、さらには自由なライフスタイルを送っているという現実がある。

「自由な人生を手に入れる教科書」

 

近年、誰にも雇われていないにも関わらず、 お金にも時間にも場所にも縛られない、『自由人』が増え始めている。

「週休5~7日で好きなだけ趣味に没頭する」

「帰りの切符を買わずに好きなだけ国内外を旅行をする」

「値段を気にせずに好きなものを買ったり食べたりする」

なぜ、サラリーマンは馬車馬のように働いても永久に自由になれないのか?

普通の人がこれから自由な人生を歩むためには何をすればいいのか?

インターネットが普及した現代だからこそ可能な、雇われない生き方のすすめ。

→自由な人生を手に入れる教科書はこちらから無料で読めます

 

潜在意識の中に眠る自由

多くの起業家がこの著者に憧れ、「自由」という言葉を多用している時期がありました。
もちろん、この起業家さんの影響力は今でもその衰えを知りません。

ストレスフリーな生活・好きな事だけをやる人生、そんな誰もが憧れるような生活を著者は、もうずっと前から手に入れているのです。

しかも、この著者1人だけではなく、その周囲も同じような自由への道を辿っているのも、事実としてあるのです。

 

この著者だけが、お金を稼ぎ、自由をつかみ取ったというのなら、著者の事を「特別」だと思ってもいいのですが、決してそんな事はないのです。

 

その理由が、この本の84ページに書いてあります。

 

思考があなたの人生を決定する

 

いつまで汗をかいて働くのか

長時間労働、残業など、長い時間働くことで、「一生懸命働いている」「会社のために働いている」と評価される時代もあったでしょう。

ですが、汗をかいて働くだけでは、この先が不安だと思いませんか?

どんなに頑張って働いても、それは決して自分のためではない・・・
もちろん、会社に貢献することで、自分のスキルアップにもなります。

ですが、ほとんどの場合、会社を辞めてしまったら、応用不可能なスキルが多いことに、退職してから気づくのです。

この本の104ページにも、「汗をかいて働くことに意味はない」と記してあります。

 

新たな考え方を知る

もしもあなたが、週休2日で8時間労働をしないと、収入を得ることが出来ないと思っているのなら、ぜひ、この本を読んでいただきたいです。

世の中には、時給で働くだけではなく、年俸制でも歩合制でもない働き方があるんです。

 

その働き方の1つとして提案できるのが、パソコンとインターネットを利用した、自動化の仕組みを構築して、たった一人で起業するという事なんです。

 

この本の著者だけではなく、私ももちろん、自動化の仕組みに成功し、主婦でも起業家として収入を得ながら、毎日のんびり過ごしています。

 

あなたものんびりとした自由な生活を望んでいるのなら、仕組ビジネスという考え方を、あなたの中にインストールしてください。

→こちらから無料でダウンロード出来ます。